jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言った、言はない

<<   作成日時 : 2012/06/14 15:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島の原発事故2日後の3/13日、事故の対応に当っていた東電関係者は下請けの作業員を含めて700人あまり。

 先の国会事故調査委員会で政府・官邸側は東電は「全面撤退したい」と官邸に言ってきたといい、東電は「10人程度の要員を残して、対応に関わっていない他のものは撤退させたい」と言ったが全面撤退とは言っていない、両者の言い分が異なっている、言った、言はないの水掛け論。

 しかし、あの状況下で10人程度を残して何が出来たというのだろうか。

 時の首相菅直人が全面撤退を一蹴して聞き入れなかったからこそいまどうにか日本住んでおられる。

 あの時10人残して撤退していたら福島はどうなっていたか、1〜4号機の冷却がストップし全機メルトダウン、日本はおろか地球がどうなっていたことか。

 あのときの菅首相の判断は正しかったと私は思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言った、言はない jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる