jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ツバメ

<<   作成日時 : 2012/06/19 15:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 初夏の風物詩でもある渡り鳥ツバメの姿をここ2,3年見かけていない。

 ご当地も住宅開発で緑は少なくなったがまだまだ少しは残っている、巣作りに必要な田んぼの土もまだまだあるのにツバメの姿を見かけない。

 ツバメは野鳥の中でも人間を恐れない、むしろ人間を盾に他の野鳥からの攻撃を避けて共生している珍しい鳥である。

 ツバメは1度巣をつくると毎年同じ場所にやってくる。

 子供のころの田舎の家ではツバメの巣が3ツぐらいあり、つがいの親がせっせと餌を運んで雛を育てているのを見て育った。

 あの頃は普通の眺めであった風景が見られなくなった。
 
 そういえばヤクルトスワローズは現在3位で結構頑張っているのだが。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、最近はツバメ見ないですね。 大きな家が無くなり小さな軒も無いような家ばかりですから、巣も造りにくいのでしょう。昔公民館に巣がありましたが、糞が汚かったですね、最近は若いツバメも聞きませんね。
What's up?
2012/06/19 16:15
今朝、巣立ったばかりの雛鳥に飛び方を親鳥が
一生懸命に教えていました。心温まる風景です。
はぎさん
2012/06/19 17:50
 What's up?さん有難うございます。
 そういえばその昔『若いツバメ・・・』というのがありましたねぇ。
 あれの語源はなんなんですかねぇ。
jisei
2012/06/20 15:42
 はぎさん有難うございます。
 ツバメは人間と一番近くで共生している野鳥ではないでしょうか。
jisei
2012/06/20 15:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツバメ jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる