jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本音

<<   作成日時 : 2012/07/20 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 本音を発言したら会社からお咎めを受けた。

 原発の将来のあり方に関する政府主催の公聴会、名古屋会場で発言した中部電力 原子力部 課長の発言に対して、中部電力が発言の内容が不適切と厳重注意を下した。

 当の本人の気持ちとしては、「オレは全国の電力会社の気持ちを代弁したにすぎないのに納得できない」といいたいところであろう。

 この件に関する中部電力の謝罪文をHPで見たが、なんとも通りいっぺんのもの、世間を納得させるものではない。

 中部電力は浜岡原発のみで、現在全機停止中、想定東海地震の真上に有り、福島の例から見れば再稼動は見込めない。

 中部電力の原子力部は再稼動の備えよりも廃炉への手順を検討すべきであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電力会社の社員も個人の資格で発言しているのだから、ある意味覚悟を決めて発言していると思う。世の中の風がこうだからといって、皆で押しつぶすような風潮はまずい。日本の組織の弱さだと思う。それよりこんな公聴会で「皆さんの意見」を聞いている振りをする政府もまずい。やらないよりいいけど。
What's up?
2012/07/20 18:38
What's up?さんコメント有難うございます。
 この中部電力社員の発言には誤りがあります。
 広島、長崎、第5福竜丸久保山愛吉さんのことは別に置いて、放射能で亡くなった人は別にいる。
 1999年9月、茨城県東海村の核燃料加工会社JCOで起きた臨界事故で大量の放射線を浴びた35歳の社員が死亡している。
 電力会社の社員であれば認識していてほしい事例である。
jisei
2012/07/21 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
本音 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる