jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂上の楼閣

<<   作成日時 : 2012/07/21 16:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 同じタイトルで以前も書いたようなきおくがあるが今日は別の話。

 このところやはり原発のことが気になる、原発が活断層の上に立っているというか、原発の下に活断層が通っていうか、砂上の楼閣的な原発がとりざたされている。

 関西電力、大飯原発、 北陸電力、志賀原発はまさに活断層の真上に断っているらしい。

 活断層とは地質学的に比較的新しい時代にずれ動いた跡があり、今後も動く可能性がある断層である。

 原発では12万年〜13万年前以降に動いたことが否定できない場合に活断層として扱われる。

 この問題を受けて、原子力安全保安員は関電、北陸電力に再調査を命じたが電力会社が直に、ハイ活断層でした、廃炉しますというわけはなかろう。

 なぜ、政府自ら調査に乗り出すようなことをしようとしないのか、すでに関電大飯原発に人質として駐在している牧野経済財政副大臣はすっかり取り込まれて、「直ちに問題になるような状況ではない」と発言している。

 12万年、13万年に一度の地震による断層のずれにどのように対応するか、やはり安全サイドに考えるのがよかろうと思う、明日が13万年目かもしれないから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に13万年目がいつか分からないのだから、直ぐに問題ではないとは言えない。そもそも地震予知すら出来ないではないですか。停止中とはいえ、安全とも言えない以上、急ぎ廃炉へ向かわせる政治判断をしてもらいたい。
mokada
2012/07/22 06:40
 mokadaさんコメント有難うございます。
 やはり原発は怖い、電気が足りないのも怖い、『活断層』なる言葉、阪神淡路大地震以降に出てきた言葉のような気がします。
 それまではあまり一般の人は気にもしていなかったようでした。
jisei
2012/07/22 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂上の楼閣 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる