jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 木の気持ち

<<   作成日時 : 2015/05/26 16:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

  安倍首相は25日の自民党の役員会で安保法制で自衛隊員のリスクが高まると野党が批判していることについて、「自衛隊員のリスクが高まるといった、木を見て森を見ない議論が多い。自衛隊員のリスク以前に、安保環境がが厳しくなり、国民の安全リスクが高まってきている」と述べた。

 個々の自衛隊員を木に例えたつもりであろうが、木の気持ちをじっくり聞いてみたい。

 今年の4月以前に自衛隊に入った隊員は将来の幹部退院を含めて、現在のような安保法制を想定して入隊し、入隊に際して国家に誓いを立てた隊員はいなかったのではないか。

 知り合いの青年が、自衛隊の東日本地震の際の被災地における活躍にあこがれて陸上自衛隊に入隊した、この青年もまさか集団的自衛権で海外に派遣されるような事態は説明されていなかったであろう。

 入隊後の教育で洗脳されるのであろうが、やはり割り切れないものがあるであろう。

 これは労働基準法的に言うならば、雇用契約内容の大幅な変更で、一方的変更は法律違反である。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>木を見て森を見ない
ではなく
鹿を追う者は山を見ず
と、言って欲しかったな
意味は
鹿を追う者は山を見ずとは、目先の利益を追っている者は、それ以外のことが見えなくなり道理を忘れてしまうことのたとえ。一つのことに夢中になって、他のことに余裕がなくなること。
もうヘトヘト
2015/05/26 18:49
自衛隊元幹部が、今後戦死者が出てくることだろう。今までのように災害救助時の殉職扱いと同じでいいのだろうか、といっていました。
まあ、そんな話は出てく、いずれ、「靖国に御霊」をとなり、軍事国家の亡霊と付き合うことになる。
What's up?
2015/05/27 09:10
自衛隊の海外派遣はあり得ない、と国会で答弁していた総理を信じたいです。
何の益もない戦争に国を駆り立てたい指導者は、世界中今はいないはず。
破れかぶれになった時の独裁者は怖いですが・・・・
nibari1498
2015/05/27 13:14
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 >鹿を追うものは山をみず、ですかなるほど、もうそのことしか頭にない感じですね。
jisei
2015/05/27 19:39
What's up?さんコメントありがとうございます。
 イラク・サマワへの自衛隊の派遣、あれで犠牲者が出なかったのが不思議です。
jisei
2015/05/27 19:41
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 今日は一日中テレビ:・ラジオを視聴していました、どちらの言い分がいいのか分からなくなりました。
jisei
2015/05/27 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
木の気持ち jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる