jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 配偶者

<<   作成日時 : 2015/07/09 21:36   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

  昨日の新聞の読者投稿欄に『嫁』『主人」に代わる言葉はないかということで問題提起されていた。

 最近、主にタレント、芸人たちを含めて若い人が、妻を「嫁」ということに違和感を感じるということのようである。

 確かに「嫁」とは、嫁いだ先の夫の両親が他人にいう言葉で、男性が自分の配偶者を「嫁」と呼ぶのはおかしい、言葉使いとして間違っていると思うが、言葉も世の流れで変わってくるのであろうからそれにいちいち逆らうのも大人げない気がするが、やはりおかしいものはおかしい。

 自分の配偶者を他人に紹介するときの言葉はいろいろあり、こだわりなく使っている人も多かろうが、「家内」、「女房」、「うちの嫁さん」、「妻」、「ワイフ」等々、突き詰めればいずれも差別につながりかねない言葉である。

 女性が「うちの旦那」というに至っては、これは二号さん、お妾さん言葉である。

 というわけでjisei的にはこの愚ログでも何度か使ってきたが、「配偶者」を使うことにしている。

 「配偶者」は法律用語で、男に対しては女性を、女性に対しては男性の婚姻相手を呼ぶ用語として公的書類で使われている。

 どうしてこの「配偶者」という呼び方が一般に使われないのか不思議である。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いい問題提起ですね。「配偶者」ですか?法律用語で硬い感じがすると思うのですが。
ネットで調べてみました。
http://www.weddingpark.net/magazine/860/
ではいろいろな場面での使い分けがあります。

基本的に、私は妻の名前を読んでいます。
日本では相手に紹介する場面はほぼありませんが、
その際だと「こちらが妻の○○○です」とします。

日本は身分社会の名残があって、へりくだった言い方から相手を見上げる言い方まで千差万別みたいです。いずれ時とともに統一されてくるでしょうけど。
nibari1498
2015/07/10 08:15
最近、妻が「お母さんと呼ぶのやめてくれない、もう子供は住んでいないから」という。 では関西風に「○○子はん」ではどうかと、提案したらOK。
意識的に使うようにしているが、相手は相変わらず「おとうさん」です。
What's up?
2015/07/10 09:07
わたしは ご存知 愛方 とブログでは
書いておりますが・・・
リアルには 家内 妻 かみさん
TPOに合わせて でしょうかねぇ。

配偶者 ってのは
口語として 
わたしは 使いません。

 ?? なんて呼ばれているだろう!
  帰ったら 観察してみます!!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2015/07/10 09:10
私の妻です、家内ですというのは何となく差別的な表現で使いたくありません。
 家では「オイ」です。
jisei
2015/07/10 17:58
 What's up?さんコメントありがとうございます。
そうですね、家でも「おかあさん」と呼ぶことが多いですね。
 配偶者も呼ばれて抵抗ないようです。
jisei
2015/07/10 18:01
高忠さんコメントありごとうございます。
 やはり『配偶者』は抵抗ありますか、一番差支えない表現であると思うのですが。
jisei
2015/07/10 18:04
配偶者、良いわね
つれあい(連れ合い)は、どう
日本人は、こういう呼び方が下手。
マダム
ムッシュ
のような言い方もないわね
もうヘトヘト
2015/07/10 23:08
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 さすがに他人に紹介するのに「私の配偶者です」というのはいかがなものかとも思いますが、一番差別のない言い方であると思っています。
jisei
2015/07/11 19:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
配偶者 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる