jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 後妻業

<<   作成日時 : 2016/08/21 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

  直木賞作家、黒川博行の小説、『後妻業』を読んだとき、これは誰かが映画化するであろうと思って楽しみにしていた。

 やはり映画化されて8月27日にリリースされるという、主演の竹内小夜子は大竹しのぶが演じる。

 ストーリー的には、悪徳結婚相談所の所長と結託してお見合いパーティーで金持ちの高齢の男をだまして結婚し、遺言を書かせて、あの手この手で合法的に死なせて遺産を取り、結婚相談所のオーナーと分け合う。

 その繰り返しで、二年前ぐらいに実際にこのストーリーを地でいくような事件があったが、小説が書かれたのはこの事件の前で、事件をモチーフにした小説ではないということである。

 関西では昔からそういう商売があったと言われているが嘘かほんとか?

 喜劇仕立ての娯楽映画でバカバカしいことは承知で暑さしのぎに見に行こうかと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日、私も知りました。
今から映画館を調べます。
はぎさん
2016/08/21 19:13
私も今黒川博行の「破門」を読んでいます。極道社会に生きる人とそれを支える市井の人の物語ですが、これがめちゃ面白い。
次は本屋大賞をとった作品に目をつけています。
大沢在昌とは違った筋の流れが面白いです。
nibari1498
2016/08/22 07:31
新聞広告で見ました。
男の立場からすると人生の最後に夢を見させてもらうのも、悪くないかなと思ってしまいます。 そんな話、結構ありますよね。 子供親戚が大騒ぎでも本人は大まじめ。面白そう。
What's up?
2016/08/22 10:48
騙されるのは男が多いのかな
jiseiさん、隣に女性が座っても話しかけたら詐欺の被害に
気を付けてね
もうヘトヘト
2016/08/22 13:58
はぎさんコメントありがとうございます。
 小説は結構面白かったですね。
jisei
2016/08/22 16:47
nibari1948さんコメントありがとうございます。
 『破門』わたくしも読みました、関西の極道の世界を書いたらピカイチですね。
jisei
2016/08/22 16:48
What7s up?さんコメントありがとうございます。
 関西では昔からある職業のようですが、娯楽映画で見るには面白いかもしれません。
jisei
2016/08/22 16:51
へと姐さんコメントありがとうございます。
 主役の女性、その手のだましのテクニックは最高ですね、さすが直木賞作家です。
jisei
2016/08/22 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
後妻業 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる