jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS MD

<<   作成日時 : 2016/08/08 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 ネットでMDと検索したら音楽媒体のミニディスのことばかり出てくる、今日はMDはMDでもMissile Defennse:ミサイル防衛について気になったので。

 8月3日に北朝鮮がノドンミサイル2発を発射して1発はすぐに自爆したが、1発は秋田県沖250qの日本海に落下した。

 そこを狙て落としたのか、もっと先を狙ったが中折れで届かなかったのか、いずれにしても日本の排他的経済水域:EEZ内で船舶も航行しているし、今はイカ釣り船も操業している、物騒なことこの上ない。

 このようなミサイル攻撃を防衛するために日本はMDシステムを備えたイージス艦を6艦保有し、常時2隻は日本海を防備している、他の2艦は防衛機密上明らかになっていないが日本の周囲を防衛しているはず。

 残りの2艦は基地でメンテナンスをしていると言われている。

 今回の北朝鮮が発射したノドンミサイルについて果たして日本のイージス艦はMDとして機能したのか、日本はこの発射の情報をどこから得たのか、MDミサイルを発射して撃ち落としたのか、たまたまそこに落ちたのか、防衛機密上明らかにされることはなかろうが国民としては知りたいところである。

 今アメリカはTHARDという超高性能のMDを韓国に配備し、北朝鮮と中国ににらみをきかす計画している、このシステムがどういう性能か知らないが、矛と盾どちらもエスカレートすればますます矛盾である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
イージス艦の防衛体制にしてもTHAADにしても、弾丸のように飛んでくるミサイルを落とすのは百発百中ではなく50%以下の確立、いやそれ以下だという人もいる。
狂人相手の国だから何をしでかすかわからない。拉致問題などどこ吹く風。
nibari1498
2016/08/09 07:46
北朝鮮のミサイル技術は、将軍さまも力を入れているので、確実に向上しています。
ミサイルで自国の軍事力と海外への輸出、外貨獲得に役立つでしょうが、中国と共にアジアの軍事バランスを不安定にいていきますね。
日本の防衛システムもどのレベルなのか、私たちもよくわかりませんが、相対的には落ちてきているのでしょうね。
What's up?
2016/08/09 10:09
私は北朝鮮が日本本土にミサイルを打ち込むなんて、絶対に出来ないと睨んでいます。そんなことをしてご覧なさい、次の瞬間には日、米、韓3国から猛烈な放火を浴びてしまい、北朝鮮という国は世界地図の上から消えてしまいますよ。
そのことを一番よく知っているのは北朝鮮です。
だから核実験をしてみたり、ミサイルを発射してみたりして、ちょっかいを出してくるんですね。北朝鮮の指導者たちはアホな連中ですよ。
だからといって、こちらも油断していたらいけない。絶えず様々な形で脅し続けないとね。
それにしても昔からうまい言葉がありますよね。「よくほえる犬は噛まない」って。
あきさん
2016/08/09 11:49
北朝鮮が発射地点を捕捉しにくい移動式発射台からノドンを打ってくるということで日本は昨日常時迎撃態勢をとることにしたとか、あの迎撃ミサイルPAC3大丈夫なのでしょうかねぇ。
jisei
2016/08/09 15:19
What's up?さんコメントありがとうございます。
 迎撃ミサイル、本当に当たるのでしょうかねぇ、ミサイルをミサイルで撃ち落とす、コミックの世界のような気がしてどうも考えにくいですね。
jisei
2016/08/09 15:23
 あきさんコメントありがとうございます。
 「よくほえる犬は噛まない」、言いえて妙でです。  
jisei
2016/08/09 15:25
日本の防衛は、お金を捨てているようなもの
無駄な事に、使っているお金、いくらになるのだろう
以外と思う企業も、防衛庁から何億もどう考えても無駄という税金が使われている
北朝鮮の兵器開発の費用、どこから捻出されているのか不思議でならない
もうヘトヘト
2016/08/10 11:55
金正雲のおもちゃのために日本は🎯もしないミサイルを備える、全く困ったものです。
jisei
2016/08/11 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
MD jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる