jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 古希

<<   作成日時 : 2017/05/03 16:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

 唐の詩人 杜甫の詩の一部に、「人生七十古来稀なり」とうたわれ、七十まで生きれば人生御の字であった時代の長生きのおめでたい話で、称して『古希』という。

 今日その古希を日本国憲法が迎えた、この憲法記念の日にちなんで、例年通り、手元に置いてある、『日本国憲法』の冊子を広げて改めて1条から103条までをおさらいしてみた、約45分かかった。

 今や安倍政権のもとで風前の灯状態であるが、この憲法のどこが気にらなくて改正を急ぐのか理解できないでいる。

 今日、日本会議が主催する『美しい日本の憲法をつくる会」主催の会議での安倍総理の挨拶文を読ませてもらった、この中で安倍総理は「現行憲法の9条の1,2項は残し、ここに自衛隊の存在を追記することが改正の狙いである」と述べていた。

 jisei的にも9条の1,2、項を残し、自衛隊の存在を加憲することに強く反対するわけではない。

 しかし70年間なんの不自由もなく国民に定着し、さしたる理由もなく改正することには賛成しかねる。

 公明党が主張する『環境権』、維新の会が唱える『教育無償化』は憲法をいじらなくても法律の改正で対応できることは多くの法学者が認めている。

 安倍総理は2020年をめどに改正したいといっている、長年親しんだ憲法に傷がつくことは寂しい。

 

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
憲法改正。難題ですね。北朝鮮や中国の存在が今ほど大きくなければどこもいじる必要がないと思いますが…
nibari1498
2017/05/03 17:46
2020年、オリンピックの年に憲法改正、スケジュールが先に来ましたね。
自衛隊の存在を書き加えて、高等教育の無償化ですか。
でもその前に2/3の賛成が必要。 選挙で大勝しないとね。それとも他党を切り崩すのかな。個人的には改憲反対ですね。
What's up?
2017/05/03 20:08
戦争を経験している人も憲法9条を改憲したがる。
分からん。。。
もうヘトヘト
2017/05/03 22:50
昨日、安部首相が遂に「憲法改正」を正面から謳い上げましたね。2020年までに改憲を実現しようというのです。
9条の改定にあわせて「教育の無償化」という耳障りのよい「飴玉」をぶつけてきました。教育無償化は維新の党が主張しているところです。
国会で改憲勢力が2/3以上を確保するためには維新の党を巻き込まなければならないと言う見え見えの作戦だそうですね。
安部首相の魂胆が教育問題にあるわけがない。本音は日本を嘗てのような軍国主義の国にすることです。そのためには国民から「知る権利」を取り上げ、「言論統制」を行って、国民を政権の思う侭に操ること、日本を好戦国に変えて軍備を増強させることにあるのは明々白々です。
さて、そこまで日本を全体主義の軍事国家に仕立て上げて、その軍事力をどこに向けようとするのでしょうか。大いに知りたいところです。
あきさん
2017/05/04 10:19
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 1947年この憲法が施行されたときこれが世界の憲法になると教えられて、世界中で戦争がなくなると思ったものです。
jisei
2017/05/04 10:51
What's up?さんコメントありがとうございます。
 あの自信満々のビデオメッセージ、毎年護憲派の影が薄くなる。9条1項、2項を残して自衛隊を明文化する、迷う人が増えますね。
jisei
2017/05/04 11:45
へと姐さんコメントありがとうございます。
 たとえGHQから押し付けられたものでもいいものはいい、今年あたりにはノーベル平和賞をもらわなければ。
jisei
2017/05/04 11:48
あきさんコメントありがとうございます。
 2020年までには衆参で選挙が1回はある、発議までに何とか改憲勢力を2/3以下にしないと。
jisei
2017/05/04 11:50
更新した拙記事の内容とリンクし
jiseiさんのお話しが
心に響いてまいります。

危うい道へと進もうとしている…
生まれ来た命(わが孫)と
これから生まれ来ようとしている命

尊き命を消耗する上で成立していく戦い
もう二度とあってはならないと
願うばかりです。
小枝
2017/05/04 12:07
小枝さんコメントありがとうございます。
 独りよがりな愚ログにお立ち寄りいただきありがとうございます。
 この性格は育ちの悪さでいまさらどうしようもありません、自分でもあきらめています。
jisei
2017/05/07 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
古希 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる