玉手箱の中身は

 さて、玉手箱の中身は?

 14日から極秘の隠密行動のつもりで平壌を訪問していた、飯島勲 内閣官房参与が昨日帰国した。

 朝鮮中央テレビの伝えるところでは何でも破格の待遇で、北朝鮮のNo2の地位にある金永南・最高人民会議常任委員長と緊密な会談をしたという。

 今日・19日に総理を含む政府関係者に報告するというがその中身が気になるところ。
 
 あけてびっくり玉手箱、中から何も出てこなかったなんて事はなかろうが日朝関係のよい方向の突破口となればお手柄である。

 今回の訪朝の米中韓の反応も様ざま、中国は歓迎的であるが、米韓は日本の抜け駆けに渋い顔。

 日本が北に利用され、日米韓の間に楔を打ち込まれたといぶかるむきもある、何かしないと事態は前には進まない、拉致解決の糸口でもつかめれば上出来の玉手箱。

 明日には何か発表があるであろう、グッドニュースを期待しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

はぎさん
2013年05月18日 16:49
テレビを観てみろよ~! 我が国はいつでも誰とでも会う
って、言ってるだろう!? 避けているのはお前ん達なん
だから!・・の図が読み取れます。
米国の関係者が知らぬ存ぜぬのポーズをとっていますが、
私は信じられませんね。飯島氏はあの小泉前総理の秘書
だった人です。小泉前総理と言えば例の米国大統領と親
交のあった(ある)お方です。事前情報はそのポジション
の人には入っていると考えるのが普通だと思いますが。
それにしても今回も日本のマスコミの情けないこと・・!
2013年05月18日 22:51
何だか、三文芝居を打ってきたというか、私は、正直いって彼の国には全く関心がありま・・・と言っては身も蓋もないでしょうか。しかし、結局、拉致被害者家族が、いや、それ以外に考えられないのですが、それと引き換えにされるものは、まさに北朝鮮の政権を維持するに足るものでしょうか。自分たちが犯した国際的犯罪を、その罪を認め全員帰国させるでもなく、またまた交換条件にされるとしたら、、、口惜しい限りです。被害者家族の積年の思いは必ず実現しなければなりませんが。
いつまで子供の我儘を聞かなければいけないんでしょうかね。
2013年05月19日 08:35
まあ、ワイドショーではいつもトップニュースとなっている話題でしょうけど、これだけ報道されると、効果は期待できないですね。どうしても日本が、北朝鮮の外交戦略に乗せられているとしか見えません。または日本との関係の悪い中国から北朝鮮への極秘の日本を利用した打開策で、拉致という世界的には影響のない問題解決で、経済的な緩和を計画しているのかもしれません。
2013年05月19日 14:40
 はぎさんコメント有難うございます。
 朝から日本のテレビはこの話題で持ちきり、例の北朝鮮ウォッチャーたちがみてきたようなコメントをしていました。
 何はともかく拉致の問題が少しでも進展すれば良しとします。
2013年05月19日 14:44
 しげさんコメント有難うございます。
 いずれにしても北の体制の延命に手を貸すような結果にはしたくない。
 拉致の問題が解決すれば、しばらくじっとして向こうの体制が崩壊するのを待つのみでしょう。
2013年05月19日 14:47
 What's up?さんコメント有難うございます。
 毎度感心するのは北の外交戦略のしたたかさ、今回どちらが先に手を挙げたのかわかりませんがことは向こうのペースで進んでいるような気がします。
2013年05月23日 03:01
北朝鮮と言う国は。。。
それにしても、北朝鮮の外交戦略のしたたかさ
それに調べて、日本と言う国は。。。
金丸訪朝の土下座外交
日本も学ばなければ

この記事へのトラックバック