TBSは2度死ぬ

 このところテレビの夜の報道番組は22時台のチャンネル権を放棄したので報道ステーションはほとんど見なくなった。

 23時台の6チャンネル、NEWS23を頭だけ観て膳場貴子さんの顔を拝んで、WBSに切り替えることが多くなった。

 おかげで今回の問題のTBS、NEWS23の報道を見損なった、何でもキャスターの反自民的な報道に対して、自民党がTBSに対して取材拒否を通告した。

 これに対してTBSは報道局長名で「自民党より指摘を受けたことについて重く受け止める」との文書を提出。

 これを受けて自民党も取材拒否を解除した。

 権力からにらまれるとすぐに発言を撤回する、権力に弱い報道機関なんて、クリープのないコーヒーどころの話ではない。

 TBSといえば1989年、オウム事件に絡んでの不祥事があり時のキャスター、筑紫哲也氏が「TBSは死んだに等しいと思います」と発言したことを思い出す。

 今回のことと合わせてTBSは報道機関としてのあり方を問われるところで、『TBSは2度死ぬ』である。

 メインキャスターの発言は、新聞の社説に等しい、間違っても軽々に撤回すべきではなかろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年07月06日 23:21
>権力に弱い報道機関なんて
だからね。。。
マスコミの報道なんて
こんなものさ。。。
2013年07月07日 06:31
最近は自民党のメディア戦略はかなりのものだと思う。分析、調査をかなりしているのでしょうね。まさか傍聴はしていないと思うけど。
でも、政党に抗議され、簡単に「すいません」するマスコミってなんだろう。
2013年07月07日 07:30
偏見報道はしないなどと声高らかに叫んでいるのはマスコミ
自信だけです。一般視聴者の有識者は「もうマスコミに期待する
時代ではない」と思っています。Webがリーターシップの時代で
すでに始まっています。エジプト・中東など・・。
はぎさん
2013年07月07日 17:05
誤字すみません。自信→自身。
2013年07月07日 22:10
権力から目を離さず、権力が公正でないことをしたらすかさず指摘するのがメディアの役目ですよね。
報道機関がその役割を果たせなくなったら、その国の社会は生気を失い、権力の奴隷に成り下がります。
今回の自民党の「取材拒否」は、「気に入らないことを言うものは立ち入らせない」という、安部政権の本質があらわになったものです。
TBSには謝罪してもらいたくなかった。また、他の報道機関はTBSを積極的に応援するべきだったと思う。
自民党の横暴を簡単に許した報道機関は、権力の僕(しもべ)に成り下がったことを表わした。悲しいことです。
2013年07月08日 15:00
もうへとへとさんコメント有難うございます。
 まぁ、長いものには巻かれろ、変に逆らわないほうが納まりがいい。
 テレビに多くを期待するほうが間違っているということでしょう。
2013年07月08日 15:02
 What'upさんコメント有難うございます。
自民党も大人気ない、抗議はいいが取材拒否まではどうしたものか。
2013年07月08日 15:05
 はぎさんコメント有難うございます。
 ひな壇のお笑い番組ばかり延々と垂れ流し、ほんの少しの報道番組でお堅いことを言ってもどれが本音か迷ってしまう。
2013年07月08日 15:10
 あきさんコメント有難うございます。
 >TBSには謝罪してもらいたくなかった。
 『取材拒否により自民党関係の報道をすることが出来ません・・・』のテロップを延々と流す。
 どちらが先にギブアップするか根比べ。
2013年07月10日 02:32
>『取材拒否により自民党関係の報道をすることが出来ません・・・』
>のテロップを延々と流す。
賛成だわ
2013年07月11日 16:05
 もうへとへとさんコメント有難うございます。
 9日には安倍さんを含め党首9人がそろい踏み、そんな話はもう過去のことといった感じでした。

この記事へのトラックバック