検定・検閲

 愛用の新明解国語辞典によると、

 検定:基準に合うかどうか検査して合格・不合格などを定めること。

 検閲:〔人の書いたものなどについて〕そのまま認めていいかどうかなどを調べてみること。     〔狭義では、社会の安寧、秩序を維持するためと称して貨物、郵便物、出版物、映       画、フイルム、脚本などを調べることを指す、日本国憲法はこれを禁止〕

 3月6日に文部科学省が来年4月から使われる教科書の検定結果を発表しその結果が新聞朝刊の1面トップに載っていた。

 この検定制度で毎度問題になるのが公民教科書の近現代史の記述、表現。

 従来出版社によって取り上げ方がバラバラであった、領土問題、北方領土、竹島、尖閣諸島の記述が教科書会社7社(中学公民)でほぼ横並びで取り上げられた。

 これは文部科学省が政府見解があるものは政府見解に沿って記述するように指導した結果である。

 しかし政府見解は法律ではない、政権が変われば政府見解も変わる、政府見解が変われば教科書の記述も変わることになりかねない。

 特に領土問題について、竹島、尖閣について歴史上も、国際法上も日本の領土であるという政府見解があるが、その根拠について日本国民のほとんどは理解していないことであろう。

 歴史上どのような事実、いきさつがあって日本に帰属するのか、国際法のどの条項でもって日本の領土と認定されるのか、そこまでしっかり教科書で教えないと中国、韓国に対抗できない。

 そもそも教科書にどこまで国が関与するか、検定ということであれば誤字脱字、明らかな科学的な事実に反していなければ教科書会社、執筆者に任せるべきで、数ある教科書会社の中から現場の教師が選べばいいと思っている。

 政府見解に沿わない教科書は検定に合格しない、箸の上げ下ろしまで国が口をはさむのはこれは検定ではなくて検閲である。

 そうやって国定教科書になっていく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2015年04月08日 17:56
そのうち、何かが起きて、墨で真っ黒になった教科書にならない様に祈るばかりです。
2015年04月09日 19:54
What's up? さんコメントありがとうございます。
 日本の教科書の記述に韓国、中国がとやかく言ってくるのには頭にくる。
 「お前に言われたくねぇ」。
2015年04月10日 03:32
>そうやって国定教科書になっていく。
そうなのよね。。。
韓国・中国の教育にかんしては問題視するけど
日本の教科書も、問題が多い
>近現代史の記述
政治介入がありますね
教育受けていないでしょ
2015年04月10日 16:35
 ヘト姐さんコメントありがとうございます。
教科書検定、4年に1度の改定でしょうがだんだん国の介入が深くなって国定教科書になっていきます。

この記事へのトラックバック