廃炉

 これはnibari1498さんのテリトリーになろうかと思いますが遠くの方からくちばしを出さしてもらいます。

 旧年、12月26日四国電力は伊方原子力発電所の1号機(出力56万6千キロワット)を廃炉にすると発表した。
 
 この1号機は1977年に運転をはじめ、今年で運転開始から40年となる、四電は例外的に認められている最長20年の運転延長をしたとしても多額の安全対策費に収益が見込めないとして廃炉を決定した。

 原子力発電所は計画を発表してから自治体のOKが出るまでに約10年、建設開始から運転再開までに約10年、運転期間が40年、廃炉に40年かかり、廃炉費用は400億円と試算されている。

 その廃炉費用の見積もりも現在の貨幣価値をベースに見積もられたもので、40年後のインフレ、デフレの経済市況を織り込んだものではない。

 これまでに伊方1号機で稼いだ利益がいくらで、廃炉費用400億円のバランスシートがどうなるのかもはっきりしない。

 廃炉するにしても発生するハイレベル放射能汚染ごみの処理も決まっていない、その処理技術も決まっていない。

 これから次々に出てくるであろう廃炉原発をどうやって処理するのか頭の痛い問題である、今から40年前にはいけいけどんどんで原発を作ったが、やがて廃炉の時期が来ることは誰も考えなかったのであろうか。

 汚染ごみを地中深く埋めるにしてもそれを引き受ける自治体はない、なんとも厄介な代物を次世代に残すことになった。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2017年01月08日 20:20
原発廃止の国民投票をしたら80%くらいは賛成すると思います。
ところが、政府と電力会社だけが再開を叫んでいる。
何で?といつも思ってしまいます。 誰が利益を得るのでしょうか?
2017年01月08日 22:42
>廃炉費用400億円のバランスシートがどうなるのか
電気代に上乗せでしょうね
原発は発電コストが一番安いと言っていた人の今の考えを聞いてみたい
2017年01月09日 08:58
伊方原発、我家からほぼ60㎞の場所にあります。おっしゃる通りですが、あの当時技術の進歩を考えて、後のことには目をつぶったか、それとも廃炉までにはいいアイデアも出るだろうということで、それいけどんどん、立ったと思います。
伊方は電力会社から相当金が出てますから、沖縄の基地みたいです。
2017年01月09日 12:30
What's up?さんコメントありがとうございます。
 国も電力会社も目先の利益しか頭にない、まさか廃炉にこんなに費用が掛かるとは夢にも思わなかったのでしょう。
2017年01月09日 12:32
へと姐さんコメントありがとうございます。
 我々はまぁ原発の恩恵に浴してきたと言えるでしょうが、廃炉費用を電気代に紛れ込まして払わされる若い人たちはかわいそうです。
2017年01月09日 12:36
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 伊方原発の立地、半島の付け根ですよね、事故が起きたら半島の先端に住んでいる人は逃げ場がないですよね、福島よりもっと悲惨です。
あきさん
2017年01月09日 17:03
?今から40年前にはいけいけどんどんで原発を作ったが、やがて廃炉の時期が来ることは誰も考えなかったのであろうか。

・・・・ Jiseiさんのいうとおりです。このことを称して「トイレのないマンションを次々に作った・・・」どっかの国の元首相が仰った有名な言葉です。
四国電力にしても、九州電力にしても、廃炉のことは考えなくてもよかった。
なぜなら「原発」と言う国家の方針は「国が進める事業」で、全国の9電力会社にとっては国の方針に従ってやってきた事業なんですよ。これを「国策民営」という。
各電力会社は「廃炉ですか・・・国が何とかしてくれると思っていますよ」。
これが日本の電力会社の本音です。ウソだと思ったら首相官邸と経済産業省に聞いて御覧なさい。
2017年01月09日 17:12
あきさんコメントありがとうございます。
 茨木県の東海村の実験炉で原子の火がともった時の国を挙げての騒ぎが忘れられません。これで日本のエネルギー問題は解決すると国中が思ったものです。

この記事へのトラックバック