食べ歩き

 鎌倉市が今年の春、『食べ歩き禁止』の条例を制定した。

 鎌倉駅から鶴ケ岡八幡宮に向かう若宮大路、その脇道の小町通り、観光客でいつもにぎわい、最近ではインバウンドの観光客も増えてそのマナーの悪さに手を焼いていた。

 お店で買ったアイスクリームや食べ物を食べながら歩いて、その食べかすをポイ捨てする、古都鎌倉らしからぬということでその『食べ歩き』を禁止する条例を制定したという。

 ところがこの条例の『食べ歩き』の表現に異議が出た、これは正確な国語で言うと『歩き食べ』とすべきではないか云う。

 どういうことかというと、日本語の動詞が2つ続く表現では後の動詞の方が強調される、すなわち『食べ歩き』はあちこちのおいしそうなお店をあちらで食べ、こちらで食べしてはしごして歩くこと。

 『歩き食べ』はまさに食べ物を手にもって食べながらぶらぶら歩くことということらしい。

 条例の趣旨は食べ物を手にもって食べながら歩くことを禁止するということで、『歩き食べ禁止』が正しいという。

 世の中にはjiseiと同じでつまらぬことにこだわる人がいるものではある、ちなみに鎌倉市は『食べ歩き』で行くそうな。

 鎌倉市もお役所、一度決めたことは簡単には覆さない、罰則のない条例、どう転んでも実害はない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年05月31日 08:38
『歩き食べ禁止』は初耳の表現。『食べ歩き禁止』はすぐわかる。
言葉の使い方にこだわる方がいるんですねえ。
意味が通じれば、使い慣れた表現でいいと思う。
2019年05月31日 09:26
食べ歩き禁止の話題、オンライン英語でも取り上げていました。外国人から見ると、食べながら歩くのは普通の事で、汚い手で触ることが問題だから、そちらを注意する対策が有効ではないかという意見でした。 難しい問題ですが、話題になる、それでPRになったと思います。
2019年05月31日 16:43
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 鎌倉はいろいろとうるさい文士が住んでおられるところですから・・・。
2019年05月31日 16:55
What's up?さんコメントありがとうございます。
 そうですか外国の人に違いを説明するのは大変でしょうね。
2019年05月31日 23:55
こんばんは
「食べ歩き」大好き人間の私。
「歩きたべ」どっちも違和感がない
「サキイカ」食べながら帰ると疲れが飛ぶ
2019年06月01日 13:54
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 鎌倉文士は起こっていましたが、世田谷文士は怒らないのでしょうかねぇ。

この記事へのトラックバック