顔を見てみたい

 こういう診断書書いたお医者先生の顔を見ていみたいものである。

 代議士先生たちが何か都合の悪いことがあると駆け込み寺的に体調不良とか言ってすぐに入院し、病院の先生がもっともらしい診断書を出してくれる。

 今度の例の丸山穂高議員、北方領土の国後島を訪問した時の行状の数々が明るみに出るにおよんで、とてもこのままではマスコミの追及を逃れられないと思ったか緊急入院して雲隠れした。

 そして提出された診断書には『体調不良により2か月間の休養を要する」とあったらしい。

 35歳の青年といおうか壮年が2か月間の休養を要するとはよほどの重病であろう、しかし国後島から帰ってきたときの元気な姿からはとても重病を抱えているとは思えない。

 こんな見え透いた診断書を書く医師の顔を見てみたい、ちゃんと記者会見でもやって国民に説明する責任がある、もし虚偽の診断書を書いたとすれば医師法違反に問われる。

 2ヵ月休養すると今国会も終わり、ダブル選挙でこの問題も雲散霧消するのを期待しているとしか思えない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年05月31日 23:56
こんばんは
病気でもいいが
給料、貰うな
私の税金だぞ
2019年06月01日 07:39
普通の医者なら書かない診断書。東大出の丸山さんとは懇意な医者がいるんでしょう。
代議士ともなるといざというときのために診断書を書く町医者(後援会など)がいるはずです。
2019年06月01日 13:49
まさか歳費をもらうことはないと思います、いくら何でもです。
2019年06月01日 13:51
nibari14981さんコメントありがとうございます。
 さすがの与党もこれはまずいということで一度出したけん責処分をもっと強いものに出しなおすそうですね。
2019年06月01日 20:01
東大でて、こんなバカなことやっていると、天罰が下る!!(といいな…。)
2019年06月02日 15:17
What's up?さんコメントありがとうございます。
 どうせ次はないでしょうからこの人のためにも早く解散したほうがいい。

この記事へのトラックバック