まじな話です

 これはまじな話です。

 昨日ネットに発表されていた例の老後2000万円の話の元になった 金融審議会市場ワーキング・グループ報告書:『高齢社会における資産形成・管理』に遭遇した。

 全文を読むつもりで挑戦したがとても無理、理解できないということで、全44頁のうち35頁以降の結論的な『おわりに』の部分だけ読ましてもらった。

 これから定年を迎える40代、50代の人にはぜひ読んでもらいたいと思った、この報告書のどこがまずくてなかったことにするのか、臭いものにふたをするのか、決して臭いものではない、国民が真剣に考えなくてはならない問題とまじで考えた。

 座長以下21人の審議会のメンバー、学者先生、ファイナンスの専門家が2時間半×12回かけて練った報告書である、その外にオブザーバーとして関係省庁が参加している、当然厚労省も参加している、なのに厚労省幹部は承知していないという。

 自分に都合の悪いことから逃げる、それでは政治は成り立たない。

 蛇足ですが、この報告書を5分で読めると国会の場で麻生大臣を詰問していた蓮舫議員、いくら速読しても5分では読めない、まして内容を理解しようとすると3時間はかかる、いくら野党とはいっても国会の場でかさに掛かって攻め立てるのは品がよくない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年06月14日 23:36
こんばんは
見出しだけで内容が分かるような内容なのかな
麻生さんも5時間かけても読んだらいいのに。。。
政治家は何人読んだのだろう
2019年06月15日 08:40
政治家は大抵省庁から来た偉い人からブリーフィング受けて実際の中身は読まないのでしょう? ポイントだけで分かったつもり。
しっかり読んで、国民のために辛い事も言わなくては。
2019年06月15日 11:10
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 7時間の爆睡を3時間にして読んでみるといいですよ。
2019年06月15日 11:12
What's up?さんコメントありがとうございます。
 この騒ぎで審議会までが忖度するようになりますね。

この記事へのトラックバック