ズボンかパンツか

 昨日の新聞、読者投稿欄に「パンツ ズボンどちらと呼ぶ」という投稿が載っていたのでパクらせてもらう。

 投稿の主は36歳の女性、36歳でも迷うか、最近というかいつの間にか男も女も「ズボンをはく」から「パンツをはくに変わってきた。

 jisei的認識ではパンツは下着を連想し、肌着の上にはく衣類はズボンである、最近の若者はズボンと呼ばずにパンツという、ズボンというと「ダサイ」と感じるらしい。

 そういえば毎週金曜日に入るユニクロのチラシにも男性用も女性用もみなパンツである。

 いつの間に誰が仕掛けてこうなった?である。

 ちなみに、パンツとパンティーの違いについてjisei的考察では、穿いてへそが隠れるのがパンツ、へそが出るのがパンティー、さらに面積が小さいのがショーツ, さらに小さいのがTバック、さらに小さいのがバタフライ?

 言葉はいつの間にか移ろう、昔の戯れ歌に『腰の軍跨にすがりつき・・・」というのがあった、ズボンが敵性用語で使えない時代に考えだされたのが軍服のズボン、『軍跨』である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2019年06月03日 17:14
わたしも パンツ に違和感は最近無くなりました。
で 下着のパンツ と ズボンのパンツ で
イントネーションを 変えています
下着の場合は 最初の パ が強い
ズボンの場合は 抑揚無く パンツ
そんな感じでしょうか?

確か 
パンツ=ズボンが米語で
イギリス英語だと パンツはやっぱり下着
だったような気もしますが・・・
ヤッパリ あやふや(⌒・⌒)ゞ
2019年06月03日 22:37
こんばんは
言葉は、生き物とはいうけど。。。
ズボンVSパンツ
まだあるわよね。。。
思い出せない
2019年06月04日 08:31
昨夜はNHK9時でパンプスの是非について議論していました。
英語の得意な私は、服飾関係の英語は苦手です。パンツー米語。英イギリス英語-トラウザーズ。
ちなみにズボンの語源は、フランス語のjupon。私は「ズボン」と言います。
2019年06月04日 09:31
わたしも意識しなければズボンと言いますね。もちろんパンツと言われても文脈でズボンだとわかります。
その内に、ズボンの方がかっこいい言い方だと変わりますよ。
2019年06月04日 19:23
jisei的にはやはりパンツはパンツ、下着でしょう。jiseiの日常的に愛用するブランドといえるものはグンゼ謹製のベトナム製純綿のパンツ・猿股です。
2019年06月04日 19:24
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 察するに姐さんはTバックでしょう?
2019年06月04日 19:27
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 そうですか、ズボンはフランス由来ですか、察するに明治初期日本の陸軍はフランス兵式に倣ったといいますからそこら辺からきたんでしょうか?
2019年06月04日 19:31
What's up?さんコメントありがとうございます。
 しかし最近はズボンのことをパンツといい始めたからというわけでもないでしょうが男性用も女性用もやたらと細くなって見るからにきつそうです。ズボンというと何となくすそ幅が太い感じがします。

この記事へのトラックバック