仮釈放

 法律のことは門外漢、まるきりわからないわけですが、素人なりにもどうにもわからないのが今回の神奈川県寒川町で起きた実刑が確定して保釈中の犯人が逃亡して世間をにぎわした事件。

 何が分からないといって、昨年9月に実刑3年の刑が確定した犯人がなぜ9ヵ月保釈されて娑婆で生活できたかということ。

 jisei的常識で行けば何か悪いことをして警察に捕まり、そこで自白すれば即検察に送られそこでまた調べられて、これは確かに犯罪となれば起訴され、拘留される、この時点で犯人側が保釈を裁判所に申請し、裁判所がこの人は保釈しても逃げ隠れしないと認めれば保釈されて拘置所から出られる。

 ところが今回の騒ぎ、執行猶予のつかない実刑3年の犯人、普通であれば刑期確定の翌日に収監されて服役するのものと思った。

 ところが温情あふれる神奈川地裁は刑期確定犯に保釈を認めた、その間の事情は詳しく報道をされていないからはっきりしない。

 神奈川地検も収監のために何度か訪れたが体調が悪い云々の言い訳を認めてずるずる9ヵ月、3度目の正直で今回は検察側4名、県警の警官2名で訪れたが包丁を持った犯人に逃走された。

 同行した警察官も刑期3年の犯人の家に行くのに丸腰、なかなか刑事ドラマではみられない出来事、さらに世間に発表したのが事が起きて4時間後という。

 昨日犯人が捕まったからいいようなものではあるが、めったに謝るようなことをしない神奈川地検の検事正があちこち謝って回る。

 それにしてもわからないのが刑期の確定した犯人に仮釈放を許可した裁判官の理屈、事実は小説よりも奇なりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年06月24日 23:48
こんばんは
知らないことが多い
警察も市民の怪我より、やっぱり我が身
人間らしいと言えばいいのやら。。。
犯人をかくまう友達がいるのも信じられない。
「類は友を呼ぶ」の典型なのかな
2019年06月25日 08:07
善意に解釈すれば、1裁判官が全人節の人間だった。2刑務所が満杯だった。3裁判官に受けをよくするようふるまった。
さて、真相は?
2019年06月25日 08:50
神奈川県警は昔から、暴力団などと繋がりがある事件で問題を起こしていますよね。何かの闇情報を得るために保釈した、などは考えられませんか?
2019年06月25日 16:48
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 いずれ捕まるであろうは思っていましたが結構逃げましたねぇ。裁判官も変なところで性善説で対応するものです。
2019年06月25日 16:53
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 裁判官、検事はよほどのことがない限り罷免されない。収監のために訪問した検察の人は検察事務官で犯人をつかまえるような訓練はしていないといわれる、それにしてもですね。
2019年06月25日 16:55
What's up?さんコメントありがとうございます。
 そういえば神奈川県警、昔ありましたね。庁舎ばかりやけに立派で、テレビによく出ていました。

この記事へのトラックバック