盗人猛々しい

  盗人猛々しいとはまさにこのこと、トランプが日米安保条約は不平等条約であると言い出して、昨日このニュースを聞いてきょう新聞で詳細を確認した。

 日米安保条約は1951年に吉田茂首相の時に制定され、その後10年ごとに見直してどちらかが嫌だといわなければ自動継続される。

 60年の改定で今の形、『日本はアメリカに基地を提供する代わりに、アメリカは日本を防衛する義務尾負う」、70年の改定見直しの時には荒れにあれたが結局改定されることなくその後節目ごとに何ら問題になることなく継続されてきた。

 ちょうど来年2020年は改定・見直しの年に当たる。

 トランプが言う、日米両政府が進める沖縄の米軍基地の一部返還について、「土地の収奪」として金銭補償を日本側に求めるという考えも示した。

 日本は沖縄の基地を提供したが売り渡したわけではない、提供といっても銃剣とブルドーザーでかすめ取られたもので所有権は日本にある、それを返すなら100億ドル:約1兆700億円よこせという。

 アメリカの親トランプメディアに語ったものとはいえ聞き捨てにならない、盗人猛々しいにもほどがある。

 日米安保破棄なら基地問題も一挙解決、願ったり叶ったりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年06月26日 20:35
こんばんは
ジャストタイミング
沖縄も全ての基地も返してもらいましょ
中国・ロシア・北朝鮮その他、アメリカがどこまで日本を守るが分かったものではない
思いやり予算もいらない。辺野古埋立も止めよう
日本にとってもメリットがないわけではない。
この際、真剣に考えればいい。
安倍さん、次がトランプでない場合責任取れるのか
2019年06月27日 06:15
日米安保はあって当たり前、止められないし、終わることはないと思っていたが、トランプの考えにはびっくり、日米安保条約なかりせばを考える良い機会だと思う。 アメリカのポチと思われないためにも、ここはしっかり考えたい。
2019年06月28日 17:56
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 ここは日本も受けて立つぐらいなことを云ってみるのもいい、いま戦争をアメリカが仕掛けつぐらいしか世界にはいないでしょう。
2019年06月28日 17:57
What's up?さんコメントありがとうございます。
 安倍さんも最近口にしなくなった「戦後スキームからの脱却」いいチャンスではないでしょうか。

この記事へのトラックバック