アラート

 アラート、東京アラート、またまたなじみのないカタカナ語を聞くことができた、長生きはするものではある。

 ロックダウン、東京アラート、 ウイズコロナ:Withコロナ、この女史はよほどカタカナ語が好きなようである、さすがカイロ大学を首席で卒業したと自称するほどのことはる。

 都市封鎖、東京警戒警報、コロナとともに:コロナと共生ではやはり新鮮味、インパクトがないということではあろう。

 東京都知事は石原慎太郎知事がそうであったようにやたらとカタカナ語を使うのが伝統のようである、インテリの集まりである東京はさすがにそれをすぐに理解し咀嚼してくれるということであろうが地方ではそうはいかない、知事といえどもやたらカタカナ語を使うと逆に軽蔑されかねない。

 そういうjiseiもarertとalarmの違いがはっきり認識できなかった、というわけで改めて辞書を引いてみたら、alert:注意をおこたらない、油断のない、alarm:警報、と確認できて納得した。

 その小池都知事の学歴について前回の選挙の時にも噂になった、今回もまたぶり返している、カイロ大学を首席で卒業した、本当に本人が言ったかどうかではあるが、首席はともかく卒業証明書ぐらいは本人も持っているであろうから公開して週刊誌の鼻を明かしてやってもいいのではないかと思ったりしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年06月05日 20:07
こんばんは♪
東京の若い淑女もカタカナわからない。
国会で話しているおじさん達も分からないと思って聞いているけど
>カイロ大学を首席で卒業した
海外の大学の卒業、どうなっているのだろう?
東京の大学を卒業できないから海外の大学を卒業したことにすると
聞くけど、お金があればなんとかなるのかな?
2020年06月06日 08:56
今はなんでもカタカナにしてそのまま使っているが昔はloveを愛にspeechを演説にと新しい言葉を作ったとか、そう考えると今は安易な言葉遣いだと思いますね。小池さんのカイロ大学時代の知人が本を書いているようですが、大学の講義が理解できず苦労していたようで、とても主席は無理だと書いていると聞きました。
2020年06月06日 11:58
小池知事の大学問題は2年ぐらい前に月刊文芸春秋に報告されていました。反論がなかったところを見ると、事実だったんでしょう。
よりよく見せるための自称・誇張はいけませんね。
jisei
2020年06月06日 16:05


>nibari1498さんコメントありがとうございます。
卒業したかどうかはともかく、何かカイロまで行ったという証拠ぐらいは・・・。
jisei
2020年06月06日 16:08


>What's up?さんコメントありがとうございます。
短い期間とはいえ日本の防衛大臣まで務めた実績のあるお方、身体検査は隅々まで行われているのでしょうからそれを疑うのもどうかとは思いますが。
jisei
2020年06月06日 16:10


>ヘト姐さんコメントありがとうございます。
カイロ大学、何となく胡散臭い気はしますが信じるしかしょうがないですね。