ガンマン気取り

 いつでも銃が抜ける、ガンマン気取りで世界中ににらみを利かしているつもりなのがトランプ大統領。

 だいぶ前の話ですがラジオのパーソナリティーがしゃべっていた。

 「トランプ大統領の背広姿、背広姿しか見たことがないが、彼はいつも背広の前ボタンを掛けない、掛けていない、その理由は気持ち的にいつも腰に 銃を下げていて、いつでも銃を抜いて早打ちできるように構えている、背広の前ボタンを掛けると、とっさの時に銃を抜くのに邪魔になる、彼は常にガンマン気取りで対峙している」。

 話の中の話とは言えそういわれればそうである、ゴルフウエア以外はいつも背広、そして前ボタンを掛けていない。

 対する我が安倍総理は官邸への登頂、退庁時にぶら下がりの記者の前を通るときにはいつも背広の前ボタンを掛けて紳士然としてはいる。

 ガンマン気取りのトランプは今度のアメリカの暴動騒ぎでも州兵はおろか連邦兵:US Armyを出動させると息巻いている。

 さすがにこの発言には共和党の仲間内からも反対の声が上がってはいる、他人の意見を聞かないのが彼の今までのやり方、もしその事態になればどういうことになるか想像はできない。

 いずれにしてもすぐに腕力に頼るのは本当に強い人間ではない。