幽霊を見る

 最近夜になると幽霊が出てくるような気がして仕方がない。
 
 テレビも撮りだめのコンテンツが底をつき、2番煎じ、3番煎じでつないできたがよいよ出し殻になって、5年前、10年前のドラマを出してくるようになった。

 名作と言われるような映画ならまだよいが、テレビマンが勝手に自分たちがいいい番組と思っている番組を再編集して流す、出てくる役者、俳優が、あれっ、この人は亡くなったのではという人が元気な姿で出てくる。

 何か幽霊を見ているような気分でとても観てはおれない。

 テレビ局も何か知恵を出してはどうか、額縁に入った遺影のようなリモート画像ばかりも困りもの、もっとうまく編集できないものか。

 そうまでして映像を流さないでも、テレビが止まるのは午前2時から4時までの2時間程度、NHKに至っては3時50分から5時00分までの1時間10分、ご苦労なことではある。