雲か蜘蛛か

 ITの世界の進化というか、次から次に新技術が出てきてjiseiなんぞは完全に置いていかれた。

 先日も国会中継を観ていて、野党の某蓮舫氏が例の補助金の処理が遅れているという話から、政府が「サーバーの処理能力がどうのこうの・・・」言い出したら、「今はもうサーバーの時代ではない世はクラウド:cloudの時代ですよ」とと舌鋒鋭く追及していた、聞いていてなんのこっちゃであった。

 クラウド云々と言いだしたのはjisei的に10年前ぐらいからか、その前にはWeb:蜘蛛の巣であった、サーバーがどうのこうの言い出したのは30年ぐらい前からからのような記憶である。

 クラウドにしろウエブにしろデーターを貯めておくには何かハード的なものがないと、それがサーバーかなと勝手に理解していたがどうもその理屈が分からない。

 こうして毎日更新ししている駄文も『保存する』をクリックするとどこかに貯められているはずであるがサーバーなのか、クラウドなのかウエブなのかさっぱりわからない。

 考えると夜も眠られない、おかげで不眠である。

 どなたかスッキリさせてください。