マイナポイント

 またまたお上が変なカタカナ語を使いだした。

 なんでも5年かかって国民の18%しか普及していないマイナンバーカードの普及とキャッシュレス決済の普及を図ろうと考え出した『マイナポイント』というお遊びが今日から始まったらしい。

 なんでも電子マネーに20000円チャージすると5000円のポイントが付くというおいしい話。

 先週の行政の広報誌と一緒にその加入の方法が入っていたのでこれは見逃す手はない、配偶者と二人で入れば10000円ゲット、しかし元手の4万円をどうするか、それは後で何とかしようと早速挑戦したが一向にたどり着けない。

 あきらめかけたころに、『アンドロイドは対応しておりません』ときた、それを言うなら「早く言ってよ」とさじを投げた。

 マイナンバーカードは始まって早いうちに取得したからそろそろ5年に1度の更新の時期かもしれない、その間に使ったのは今年から確定申告でコピーして添付したくらい。

 電子マネーもpaypay に加入したがコンビニで2回チャージして使ったがチャージするためにコンビニに行くのが面倒くさくなり残高300円で使っていない、オートチャージにするとスマホを紛失したときにどうなるか怖くてやっていない。

 キャッシュレス決済は10000円以上の買い物をした時には財布から万札が消えるのは寂しいからクレカ、あとは近くのスーパーの専用カードだけ、レジで不足分だけチャージしている。

 ところでマイナポイントあんな面倒なものはよほどIT化人間か暇人でないと近づかないであろう様な気がする。