行政改革

 河野太郎、行政改革担当大臣が張り切って最初にあげたのがハンコウ:判子:ハンコの省略化という。

 張り切ってこぶしを振り上げたにしてはやることが小さいと感じた。

 中央省庁、地方の行政組織のすべてのハンコを止めたとしてどれだけの経費節約になるのであろうか、止めるにはまた相応の工夫がいる、電子認証にしても今すぐ間に合うものは聞かない。

 婚姻届、離婚届、その承認者のハンコウはもともと自筆で書かれたものでいわゆるサインである、さらにその上に三文判を押させる、このシステムを止めたところで改革は改革ではあろうが目に見える改革とは言えない。

 革命、レボリューションとまでは言わないが大臣までつけてやるからにはなるほどと納得できる行政改革を期待したいものである。