潜水艦乗り

 その昔巷でまだ軍歌というものが盛んに歌われ、浅草に軍歌酒場なんてのがあったころに盛んに歌われていた歌。

 『腰の軍跨(軍服のズボン)すがりつき、

 連れていかんせどこまでも、

 連れて行くのはよいけれど、

 女は乗せない輸送船』

 なんて歌が宴会の席で大声で歌われていた時代

 時代が変われば変わるもの、男女共同参画社会もそこまで来たか。

 今日のネットニュースでは自衛隊の潜水艦乗りに女性自衛官が誕生したそうな

 女性海上自衛官5名が基礎訓練を終えて実務に着く

 潜水艦は特に生活空間が狭く、女性のための生活空間を確保するのも大変だそうな。

 しかし狭い、きつい勤務を承知で潜水艦乗りを志す、

 その勇気に心から敬意を表すことにしよう。