地方に出ていく

 2,3日前の新聞の川柳欄に、『朝ドラは、ヒロインがすぐに東京に出ていくから嫌い』というのがあった。

 そう、言われてみればなるほどである。

 田舎、地方で居場所がなくて東京に出ていけば何とかなる。

 いいあんばいに朝ドラは東京でみなよいめぐり逢いで幸せになりハッピーエンド、半年も引き延ばすのは脚本家も大変だろうと観るとはなしに眺めてはいる。

 逆に東京から地方に移り住む人を主役にした番組が土曜18時の『人生の楽園』というドキュメント番組

 定年を機にまた脱サラして東京、都会から地方に移り住んで、地方の人に育まれて人生の後半をのんびり過ごす。

 たいてい、ソバ屋、パン屋、喫茶店といった食べ物・客商売を道楽ではじめる。

 テレビはみな幸せな第二の人生風に見せるがこれはこれで結構大変であろう。

 朝ドラもワンパターンではなしにたまには東京から地方に出ていく人の物語を観たいものである。