めでたさも

芭蕉だか一茶の句に、『めでたさも 中ぐらいなり おらが春』という句がある。

 この句の『中』お読み方について、『ちゅう』と読むか『なか』と読むか国語の学者先生の中でも論争があった。

 結論はその中間をとって『どちらでもいいではないか』ということになったらしい。

 まことにめでたい結論である。

 いずれにしてもお正月の句であるからめでたいことに変わりはあるまい。

 「あけまして おめでとう ございます」。

 「今年も隅から隅までずずいーっと御願い奉ります」。