同性同士の不倫

 閑話休題、

 年甲斐もなく新聞の『同性同士の不倫も「不貞行為」』という見出しに、なんのこっちゃとすぐに喰いつき性読してしまった。

 同性同士の不倫も、民法上の「不貞行為」に当たるという判決。

 原告の男性の妻(女性)と性的行為をした女性に対してに対して11万円の慰謝料などを夫に払うよう判決で言い渡した。

 同性同士の不貞行為で賠償責任を認める判断は珍しいという。

 判決は不貞行為について、配偶者以外との性的関係だけでなく、「婚姻生活、平和を害する行為もあたる」と指摘した。

 こういうのも今はやりのダイバシティ―、不倫の多様性とでもいうのであろうか。

 余談だが、このダイバシティ―という言葉、初めて聞いた時にはあのお台場にまた新しい商業施設でもできたのかと思った。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年03月19日 17:28
同性婚とか中々難しい世の中になってきました。昔からそんな性向の人はいましたが、表向きには普通にいていましたが今は堂々という、これを多様性というのでしょうかね。
2021年03月20日 12:59
生まれてこの方一度だけ大学時代の旅行中に40代年配の方から同性愛の告白を受け、ひっくり返りました。
私自身LGBTには興味がないので、同性同士の不倫が何なのかどうでもいいですね。
jisei
2021年03月20日 16:25


>nibari1498さんこめんとありがとうございます。
LGBT,テレビでしか見たことは無いですが寄ってこられたら引いてしまいますね。しかしどうやって見分けるんでしょうね。
jisei
2021年03月20日 16:27


>What's up?さんこめんとありがとうございます。
生産性がないといってひんしゅくを買った国会議員がいましたが本音的にはそうですね。