LINE

 今や日本人の8400万人の人が使っているといわれる無料通信アプリ、LINEが世間をにぎわしている。

 なんでもバックアップのためのサーバーを中国と韓国に置いていて、そのサーバーに人数は限られるとは言え特定の現地の関係者がアクセスできる状態であったとか。

 ド素人の我が身にしては、そんなことは騒ぐほどのことでもなかろうと思っていたがよく聞くに及んで、何でも今までのトークをはじめやり取りのすべてが読み出せる状態であったというから驚いた。

 一体全体どれくらいのデーター量になるのか見当もつかない、未来に渡ってどれくらいデーターを蓄積できるのか、サーバーを無限に拡大し続けるのか?

 なぜ海外にバックアップサーバーを置くのか、その理由は日本でもし災害等で国内のサーバーが動かせなくなった時のバックアップだという。

 中国は国が要求すれば個人情報といえども国に提供しなければならないという法律があり日本国民の個人情報がすでに国に筒抜けになっている可能性がある。

 もともとLINEという会社はベンチャー企業で日本で開発されたが苦戦しているところに韓国の投資家が金を出して大きくなった、その投資家をソフトバンクグループが買った、今やLINEの実質オーナーはソフトバンク、孫正義氏である。

 LINEは今や手を広げすぎて、社員でさえ自分の会社が今どういうことをやっているのかわからない状態だという。

 日本国民の個人情報を中国に売り渡すようになった結果責任はソフトバンクにもあると思うがあの饒舌な孫正義氏はだんまりである。

 そこで気になるのはわがBiglobe、毎日のjisei愚ログがどこに保存され、どこでバックアップされているのか、こんなものは取っておいても仕方がない10日もすれば捨ててくれていいのであるがどうなっているのであろう。