やはりライブで

 このところ珍しくテレビを観ている。

 基本的にテレビはニュースと天気予報、ローカルのケーブルTV、ライブのスポーツ以外は点いてはいても気を入れて観ることは少ない。

 26日からプロ野球が始まり、サッカーの日韓親善試合があり、同じくサッカーのU24のアルゼンチンとの親善試合と全部は付き合いきれないがチャンネルを切り替え名が見ていた。

 日韓戦は結果的に3:0で日本が勝利した、韓国では親善試合をなぜ日本でやるのだと騒いでいたらしいが親善試合であるから0:0、かっても1:0ぐらいにしておけばいいものを3:0では韓国の国民感情としてどういう反応が出るか気になる。

 アルゼンチン戦は0:1で負けはしたがまぁいい勝負ではあった、期待の久保も素人が見てそんなにな感じであった。

 プロ野球も始まった、新聞のスコアを見て驚いたのは試合に出る選手の多さ、昔は野球は9人でやるものとおもっていた、今では20人以上は1試合に出ている。

 1軍に登録できる選手の数は29人、そのうち当日ベンチに入れるのは25人、あとの4人は前の日に投げた投手が休みを取る。

 昨日の試合ではほとんどのチームが20人近い選手を使っている、試合時間が長くなるわけである。