テーマ:80代の戯言

米百票

 世に『米百俵』という喩え話がある。  幕末の世、政府軍に負けた長岡藩は食料不足で困窮していた、隣藩が見かねて緊急援助的に米百俵票を送った、藩はすぐに食べようとしたが家老の一人が、「いや待て、ここで食べてしまったらすぐになくなる、この米を元手に学校を立てよう」と提案し、苦しい中、学校を立て、子弟教育をし後の繁栄に供したという故事。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more