jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転現象

<<   作成日時 : 2012/07/15 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 最低賃金が生活保護給付金以下の都道府県が11あることが報道された。

 都道府県ということは、北海道、東京都、京都府、大阪府も含まれる。

 生活保護を受けている人は全国で230万人とも云われる、この中には本当の意味での保護を必要としている人が大部分であろうが、中にはいわゆる不正受給、働く気力体力があっても生活保護に頼る。

 身内からの援助を受けられるのに、それをしないで生活保護に頼る。

 最低賃金は都道府県ごとにその職種ごとに決められた最低の時給で地域の労働力の需給によって毎年見直し改訂される。

 最低賃金と生活保護給付金の逆転現象を認めた状態では不正受給はなくならないのは誰が考えても当たり前。

 だれが見てもおかしいと思われる状況がまかり通る、これはだれのせいで、責任で放置されているのであろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
年金資格がなく、無年金世帯となった場合、生活保護を受けると国民年金より多額な金額がもらえる。これも矛盾だと思う。生活保護を受ける場合の条件は厳しくなかなかもらえないというが、適切な審査や、収入のチェックが常に必要。
What's up?
2012/07/15 17:45
 What's up?さん有難うございます。
老齢基礎年金の6.9万円、これがそもそも低いのではないでしょうか。どう考えてもこれでは憲法にかかれている文化的な生活は日本のどこに住んでも出来ません。
jisei
2012/07/16 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
逆転現象 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる