jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 50年

<<   作成日時 : 2015/06/22 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 今日6月22日は、50年前:1965年日韓条約が締結・成立して丁度50年であるという。

 このころは冷戦のさなかで、日本もそれなりの戦後賠償、経済援助をしたが結局韓国はアメリカの圧力で条約を締結しなければならない弱い立場であったと記憶している。

 そんなこんなが根にあって今の韓国の日本に対する怨念になっているのであろうと推測している。

 韓国にとってはとても喜ばしい記念日とはいいがたいのであろう。

 jisei的には1968年初めて仕事で外国に出張したのは韓国・ソウルであった、当時まだ国交回復3年目で、対日感情も友好的ではなかった。

 しかし、こちらもまだ30歳前、怖いもの知らずである、日本語を使うことはご法度であったがガイドブック片手に町中を動き回った。

 当時、工業技術面では韓国は日本とは10年は遅れているというのが感想であった、今や日本の足元をすくわれかねない存在となった。

 逃げようのない隣国関係、韓国からすると簡単にわだかまりをぬぐうことはできないであろう、ここは日本が度量を見せるところである。

 8月に発表dされる安倍総理の談話、日本の度量を見せてほしいところである。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
日本は、何度も侵略していますからね
北朝鮮で暴動が、となったら
今の状態では、大変なことになる。
そんなに遠い先ではないと思うが
もうヘトヘト
2015/06/22 23:44
複雑な日韓関係、日本は忘れようとしてますが、侵略された側は簡単には忘れない。
分かってはいるけど、世界遺産にイチャモンを付けられると、大人気ないと思ってしまう。
What's up?
2015/06/23 09:01
私も昔韓国へ観光で行きました。確かに日本語はご法度だったし、朝鮮という言葉も使うなと言われました。
女子高生が英語で話しかけてきて、将来のために頑張って、みたいなことを言いました。
バスから降りると子供が駆け寄ってきて「靴を磨かせろ」と、たじたじになりました。
私的には、1000年間の「恨」を抱き続けるような国とは付き合う必要がないと思います。あの国なくして日本はやっていけます。
nibari1498
2015/06/23 09:13
一部の関係者は参加してそれぞれの国民は無関心の50周年だと
思いました。NHKが定時番組を停止して安倍総理のスピーチを放映
していました。なんか、気持ち悪くスッキリしない夕べでした。
はぎさん
2015/06/23 10:41
侵略された韓国の気持ちは十分理解できますが、
でも、過去の事にいつまでもこだわっていないで、
真の友好関係を築いて貰いたいと思いますね。
カメさん
2015/06/23 14:45
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 北朝鮮、破たんしそうで破たんしない、もし北と国交回復、平和交渉ということになったらどれだけの賠償を要求されることやら。
jisei
2015/06/23 20:44
What's up/さんコメントありがとうございます。
 jisei的には韓国の気が済むように日本が土下座でもして謝ればいいと思っています。韓国も日本にどうしてもらいたいのかはっきり言ったらいい。
jisei
2015/06/23 20:50
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 その当時はこちらも歴史的なことは勉強不足で失礼なことを言ったのかもしれません。
 しかし、仕事はきっちりやってきました。
jisei
2015/06/23 20:54
はぎさんコメントありがとうございます。
 安倍総理の言葉はいつも役人の書いたペーパーを読むだけで真実味がありません。
 本当の心の内を語ってもらいたいです。
jisei
2015/06/23 20:56
カメさんコメントありがとうございます。
 殴ったこぶしの痛みはすぐに忘れますが、殴られた頬の痛みはなかなか消えません。それにしても50年の『怨』には参ります。
jisei
2015/06/23 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
50年 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる