jisei愚ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 枯れ月

<<   作成日時 : 2015/08/11 21:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

  世に、どの業界でも2,8の枯れ月といって、2月と8月は商売、事業が停滞し売り上げが落ちるようである。

 jisei的にも昨日今日愚ログのネタを探すのに苦労して、昨日はついに臨時休刊してしまった。

 今日も休刊の予定であったが新聞のネタに、文芸春秋なる雑誌社がひとり気を吐いているという記事があった。
 
 文芸春秋社が主催する日本文芸協会なるところが毎年1月と7月に芥川賞と直木賞を発表し芥川賞の全文が2月10日と8月10日に発売される月刊誌文芸春秋の3月号と9月号に掲載される。

 直木賞は同社のオール読物の3月と9月号に掲載される。

 全く2月、8月の枯れ月に目を当てた商売戦略である、特に今発売中の9月号はお笑いタレント、又市某なる作家の芥川賞の受賞作『火花』が掲載されているということで月刊誌としては異例の増刷、百万部超えであるらしい。

 jisei的には高校2年の時に石原慎太郎が一橋大学生で『太陽の季節」なる小説で芥川賞を受賞し、国語の教師に紹介されて以来、田舎の高校生と湘南ボーイの、同じ高校生でのギャップにショックを受けて、それ以来毎年2月と8月の10日に発売される文芸春秋は欠かさず購読し、その年の芥川賞に触れてきた。

 今は心に残る作品は少ない、特に最近の若い女流作家の受賞作は子難しいばかりで読むのに骨が折れる。

 一気に読ませる作品が少なくなったと感じるのはのはこちらの読解力の衰退であろう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
文芸春秋は、我が家で読んだ後老人ホームへ寄贈。
なので、早読みでした
>今は心に残る作品は少ない
ですよね。。。
>感じるのはのはこちらの読解力の衰退であろう
おドキッ
もうヘトヘト
2015/08/11 23:25
文学にはまったく素養がないので、芥川賞のような純文学は読んでも何の感動も沸きません。文春も最近は読みませんね。 図書館の雑誌コーナーでパラパラとめくっておりますが、注目の記事はありませんね。
What's up?
2015/08/12 08:54
法律も歌も小説も
時代とともに 流れはかわるんでしょうねぇ。。

って あえて読みたいとは思わないけど
あいつのキャラは 好きだなぁ・・
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2015/08/12 10:24
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 文芸春秋社、あの右寄りの体質は好きになれませんが2月と8月は別格で買っています。
jisei
2015/08/12 16:55
What's up?さんコメントありがとうございます。
 年に2回のおつきあい、最近は一発芸人ならぬ一発文士、芥川賞を採った作品の跡が続かない作家が多いようです。
 自伝的小説を何度も出すわけにはいかないのでしょう。
jisei
2015/08/12 16:59
高忠さんコメントありがとうございます。
 ピース又吉なるお笑い芸人、この騒ぎになるまで知りませんでした。
 吉本の芸人はどうも好きになれないもので・・・。
jisei
2015/08/12 17:01
私も芥川賞を掲載した文春を数年に一度程度、購読していましたが、ここ数年は全く読んでいませんね。選者の感覚と自分の感覚いずれができたような気がして以来・・・特に女性作家の作品に大きな違和感を感じたんですよ・・・私の偏見かもしれないけどね。
あきさん
2015/08/12 20:09
あきさんコメントありがとうございます。
 数年前女性受賞者が続いたことがありました、あまり若い人の作品は読むだけで内容が心にのこりません。
 今回の『火花』もそんな感じです。
jisei
2015/08/13 16:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
枯れ月 jisei愚ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる