筒抜け

 相手の情報をすべて持っている、その上での外交交渉、これは赤子の手をひねるよりも簡単。

 米国家安全保障国(NSA)が日本を含む欧州連合、いわゆるアメリカの同盟国も盗聴、監視の対象にいていたとの報道をイギリスのガーディアン紙が伝えた。

 日本の菅官房長官も「それが事実なら遺憾である・・・」の気のないコメントを出したが本気で怒る気が無い様子。

 要するに日本の外務省とアメリカ大使館、公館とのやり取りは筒抜けで、日米間で差し迫った外交上の懸案は無いといっても、今進行中のTPP交渉についても日本が何を考え、指示を出しているかも筒抜けであろう。

 まさか外交通信に暗号もかけずにやり取りをしているとも思えないが、とにかく今までの機密通信・情報はアメリカにすべて筒抜けと考えたほうがいい。

 アメリカの同盟国が本気でこれを問題にしたら、アメリカ、オバマの立場は非常に危ない、がけっぷちに立つことになる。

 アメリカは表面では紳士面をしているが裏でやることは冷戦時代と変わらない危ない橋を渡っていることになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年07月02日 21:59
オバマ大統領がいみじくも言っていました、「どこの国も同じことをやっている」まあ、開き直りとしか見えませんけど。中国はもっとえげつないことをやっていそうな気はしますね。
2013年07月03日 06:22
幕藩時代に公儀隠密、お庭番などあり、諸藩の動静を窺っていたと聞きます。時代劇では天井裏に潜んで、密偵するシーンがよくありますね。これは本当にそんなことをしていたのかどうかは知りませんが、今だとどんな場所にもスパイ機器が人知れず置けます。手の内が見透かされているのなら・・・フェアではありませんね。ナゴシエーションなんて形骸化してしまいます。自由主義国家の象徴と言われているアメリカそのものに不信感が渦巻いているんですね。実は病んでいる。
2013年07月03日 11:03
私は以前からこんなことが行なわれていることを知っていましたよ。
何の交渉のときだったか、日本政府の代表団が、ワシントンでアメリカ側と会議していて途中、首相の考えを確かめる必要になり、一人が部屋をはずして廊下から東京へ電話をしたらしい。話の内容は全部アメリカ側に筒抜け。
そこで笑い話が一つ生まれた・・・・「廊下へ出て話せば相手にわからないだろうなんて、日本の代表団は赤子のように幼い連中だね」・・・・。
現在のGPSは全てアメリカの衛星を使っています。盗聴しようと思えばアメリカにとっては簡単なことですよね。何を今更騒ぐのか・・・と言うことではないですか。
2013年07月03日 15:31
What's up?さんコメント有難うございます。
 中国がやっていることは十分想像できます。
 これがサイバー戦争という奴ですかねぇ。
2013年07月03日 15:35
 しげさんコメント有難うございます。
 忍者、隠密、くノ一、程度であればご愛嬌ですがサイバー戦争のからくりは見当も付きません。
2013年07月03日 15:41
 あきさんコメント有難うございます。
 かってアメリカはウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任に追い込まれた、さてオバマの運命やいかに。
 G8、表で握手をしながら裏では・・・。
2013年07月05日 00:13
>日本の菅官房長官も「それが事実なら遺憾である・・・」
私も、どこの国もしている事で
日本は、ただ下手というか
レベルが低すぎるというだけのような気がする
2013年07月05日 15:25
What's up?さんコメント有難うございます。
 もし日本はやっていないとしたら平和ボケということでしょう。

この記事へのトラックバック