無投票当選

 4月3日に統一地方選挙のうち県議会選挙の公示があった。

 当県でも50人の定員に対して5選挙区で8人が無投票当選となlった、16%である。

 選挙の洗礼を受けることなく当選し、候補者にとってこんな枠なことはない、ウハウハであろう、選挙管理委員会も行政も金がかからずこんな楽なことはない。

 そもそも県会議員て何だ、どんな仕事をしているのか市会議員以上にその役割が見えない。

 それでも今問題の政務活動費は当県の場合360万円/年支給されている、1日に1万円の割合である、政務活動費は政策立案に必要な経費に充てるものとして支給されている、しかし当県の場合ここ何十年間に、議員提案の条例というものを聞いたことがない。

 要するに政策立案の政務活動費は使うがそのアウトプットである議員提案ゼロということは政策立案の能力がないということであろう。

 まして無投票選挙区の有権者は自分の意思を封殺されたことになり、民主主義が死んだというほかない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年04月05日 15:57
本当に県会議員って何をしているか分かりませんね。 わたしの地区に二人候補者がいますが、活動報告書は見たこともないけど、選挙近くなるとポストに勝手に後援会のパンフレットだけは入っている。 無駄な税金をつかっているといつも思う。
2015年04月06日 01:46
そもそも議員の数が少ない。
少子高齢化の時代でも、議員数が減らないのがそもそもおかしい。
議員年金その他、本当にもったいない
議員になったら成績表を付けて、一定以上の成績がなければ次回の選挙に立候補できないとかできないものだろうか
2015年04月06日 09:29
政令指定都市の県議 
北海道の場合は道議なんですが
何のために存在しているのでしょう?
あれが むかしから不思議です!
2015年04月06日 15:49
 What's up?さんコメントありがとうございます。
 市会議員には近所で顔を合わすこともあり、嫌味の一つも言うところですが県議は4年間顔を見たこともない。政務活動費1日、1万円は高い。
2015年04月06日 15:52
ヘト姐さんコメントありがとうございます。
 いやぁまったく、県議さん何をやっているのか、もしいなくなったら誰が困るのであろう、県知事も選挙で選ばれているから県議がいなくても一応民主主義は保たれている。
2015年04月06日 15:54
高忠さんコメントありがとうございます。
 まっことその存在、お役目が分りません。
 民主主義の無駄にしては高すぎる。

この記事へのトラックバック