Yes We Can

  8年前アメリカ大統領にえらばれたオバマ大統領は選挙期間中、Yes We Can.のキャッチコピーで選挙を戦い、見事当選した。

 アフリカ系をルーツにもちこれを選んだアメリカ国民の懐の深さに世界中が感動した。

 あれから8年、昨日シカゴで退任演説を行い、100万人ものアメリカ人が演説にライブで聞きほれた、オバマ大統領の演説のうまさはあのリンカーンにも匹敵すると言われる。

 演説の原稿はスピーチライターと言われる人が書くのであろうが、演説の間の取り方、声の抑揚は人を引き付けるに十分である。

 それに引き換え同じ日にニューヨークで行われたトランプ次期大統領の記者会見の品のなさ、記者の質問に満足に答えることもなくさっさと引き上げていった。

 世界中の人が関心をもって見ている中、なんとも歯切れの悪い終わり方であった、選挙期間中の暴言は許せるとしても大統領に決まった後にはアメリカ大統領としての品格と矜持がほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきさん
2017年01月12日 17:42
トランプの正体が見えてきたぞ!!
彼は白人至上主義者だった!!
世界中を白人だけで支配しようというのが彼の隠れた野望だったのだ!!
彼がいま、攻撃している国々を見よ。メキシコ、日本、中国、アラブ諸国など、すべて白人以外の国々ではないか。
それに引き換え、なんとロシアのプーチンを褒め称えて、今後互いにうまくやっていこうとしている。 
ヨーロッパのEUをはじめ、白人国家は一切、彼の非難対象になっていない。娘婿はガチガチのユダヤ教徒らしい。しかもその娘婿が、トランプを取り巻く閣僚組織のトップにつき、政権を動かそうとしている。
これではトランプが大統領でいる間、イスラム教徒とその国々は決定的に標的にされ続けることになるぞ。トランプよ、オバマさんを見習え!!オバマさんこそアメリカ、いや、世界の大統領にふさわしい人物だったぞ!!
世界中の人々よ、トランプの恐ろしい野望に対して徹底的に立ち向かえ!!
トランプを弾劾裁判にかけろ!!
一日も早くアメリカの大統領の席から引きずりおろせ!!
さもないと、世界は早晩滅んでしまうぞ!!
さもないとせかいはとらんぷひとりのためにほろんでしまうぞ!!
2017年01月12日 20:27
トランプ氏の記者会見はニュースで切り取られた動画だけで判断するのはいけないかもしれませんが、まるで、子供の議論ですね。小学校のクラス会であんな奴いましたね。これからの外交を彼が成功したビジネス手法でやるらしいですが、結局、損得で海外と付き合うという意味になりますよね。友情とか温情とかは無視するのでしょうね、なんか、ひどい世界を予想させます。
2017年01月12日 20:33
ニュースの切り取られた動画で判断するのはいけないかもしれませんが、まるで小学校の学級会議みたいですね。 「お前は嘘をつくから、意見は言わせない」、そんな嫌な奴がいましたね。日本を名指しで批判。損得勘定でしか判断できない、底の浅い人物ですね。外交や貿易は信頼や友情が一番大切だと思うのですが。
2017年01月12日 21:43
ハリウッド女優のメリル・ストりープさんのスピーチ
オバマ大統領のスピーチ
どちらも、心打たれる
トランプは、不愉快
こんな人でも、大国アメリカの大統領になるのね
2017年01月13日 08:49
ごろつきの演説みたいだったけど、彼を選んだアメリカ人も過半数居る。その中には良識的な、頻度のある人もいる。その人たちが期待しているのは、白人主義、アメリカ第一主義、保守的で他国の問題に干渉しないなどを選んだとすれば、世界が向く方向はほぼ想像できますね。
2017年01月14日 15:52
就任式が済めば、変わる?と期待します。
2017年01月14日 16:39
あきさんコメントありがとうございます。
 トランプの取り巻きにも良識ある人がいるでしょうから待ったをかける人が出てくることを期待します。
2017年01月14日 16:43
What's up?さんコメントありがとうございます。
 たぶん任期4年はもたないような気がします。あまりよくないことで墓穴を掘ることになりそうな予感です。
2017年01月14日 16:46
へと姐さんコメントありがとうございます。
 EU離脱を選んで、「やってしまった」と後悔しているイギリス人、トランプを選んで後悔しているアメリカ人、あまり頭のいい民族ではありませんね。
2017年01月14日 16:49
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 2030年にはアメリカの人口のうち白人が占める割合が50%をワルト言われています。その焦りがあるのかもしれません。

この記事へのトラックバック