がっかり

 いやぁー、がっかりさせれれたというか、なんだかんだ言ってもこんなものかであった。

 昨日、国会の予算員会、午前中自民党の質問者の3番手に立ったのが37歳、当選3回、自民党の若手のホープ、末は総理と自分も思っている、自民党労働部会長・小泉進次郎。

 昨日は盛んに、したり顔で厚労省改革を説いていた、ちょっと待ていま国民が知りたいのは厚労省の先の話ではない、2004年から始まった厚労省の統計不正の顛末。

 2004年は父親の純一郎が総理になったころと重なる、それを承知で深追いしなかったのかといぶかりたくなる。

 この男・進次郎、家業政治家の4世、代々の厚生族、どう転んでも選挙に落ちる心配はない、ならば何が怖くてあんな恥さらしな質問をするのかである。

 おやじの純一郎、総理を辞めたとたんに『原発反対』を叫ぶ、それを云うなら現職、総理の時に言ってほしかった。

 本人曰く、「現職の時は役人と電力会社に騙されていた」、それはそれでそうだろう、ならば今倅に原発反対を叫ばせてはどうかである。

 歌舞伎役者の世界ならそんなものであろうが政治家の世襲はよろしくない。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2019年02月06日 08:47
>政治家の世襲はよろしくない。
と言われて10年以上たっていますが、増えることはあっても減ることはありません。進次郎人気はありますね。マスコミがあれだけ追いかければ、誰もが注目しますよね。
マスコミ受けのいい言葉を使いますからね。中身はわかりません。
2019年02月06日 09:20
進次郎さんの演説?美辞麗句でしたね。
それにしても大西統括官の召喚を求めたときの大臣の答弁にはがっくり来ました。
野党はなぜ召喚をもっと追求しないのか、予定していた党の方針に沿った質問ができなくなるためなのだろうが、納得いかない。
2019年02月06日 16:39
What' up?さんコメントありがとうございます。
 まぁ、党の人寄せパンダ、人呼んでNATO:No Acion Talk Only
2019年02月06日 16:41
nibari1498さんコメントありがとうございます。
 参考人招致、これでは済まないでしょう、まだ本予算の予算員会もありますから。

この記事へのトラックバック