キャッシュレス決済

 昨年10月の消費税が8%→10%になって消費落ち込みの緩和策として始まったキャッシュレス決済による5%の還元策も今月、6月30日で終わる。

 jiseiも多少ご利益にあずかろうとスマホにpaypayのアプリを入れてキャッシュレス決済を体験することにした。

 いきなり口座からのオートチャージは何となく怖いのでコンビニでチャージして初めて見た、手始めに5千円チャージするつもりで1万円札を入れたら、「1万円チャージしました」ときた。

 お釣りは出ないシステムになっているのを知らなくて、おかげで財布の中がキャッシュレス、小銭だけになって慌てた。

 その後5000円づつ2回チャージして後はチャージするのが面倒くさくて現金派に戻った。

 近くの2か所のスーパーでは一方はバーコードをレジで読み取ってくれるがもう一方は自分がQRコードを読み込まないといけない、どうも戸惑って、もたついて後ろの客に煙たがられる。

 最近では現金派に戻った、もらったお釣りにコロナの菌がついているのではないかと気になって出口でアルコール消毒をして財布に入れている。

 観察するに日常の買い物で**payでキャッシュレス決済している人はまだ少ない。

 日本ではあまり普及しそうにはない、jiseiもやはり現金のほうが何となく安心できる。