歳時記

 これはもう7月の歳時記に載る風景である。

 梅雨さなかの7月のこの時期、年々再々、毎年毎年繰り返される、西日本の水害、今年も鹿児島、熊本で河川氾濫の映像がテレビに流れ、死者**名、行方不明**名、心肺停止**名。

 不謹慎にも、死者の人と、心肺停止の人の違いはなんじゃろう、心肺停止の人が生き返る可能性があるから別にカウントしているのかなぞと考えてしまう。

 それにしても日本人は忍耐強い、2階まで水没した家を水が引くと泥水の中を片付けに入る、自分があの立場になったらとても立ち上がる気力はなかろう。

 コロナ禍、風水害、台風、地震、それにしても天災、人災、災いが多すぎる。

 あと少し、先の見えないゴールではあるが穏やかに過ごさせてもらえると有難い。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

nibari1498
2020年07月06日 07:54
それそれ、私も不思議なのは心肺停止はまだ生きてること。
何をもって死者とするかは「脳死」じゃないでしょうか。
今度知り合いの医者に聞いてみましょう。
2020年07月06日 08:01
明らかに原因は気候変動、温暖化の影響ですね。
それでも、日本は石炭火力発電でCO2を排出し続ける。
ドイツは原発、石炭火力発電廃止を決めた。
この違いは何だろう、私たちの意識の違いでしょうね。
jisei
2020年07月06日 15:50


>What's up?さんコメントありがとうございます。
日本も経済至上主義から少しは考えを変えないと世界から相手にされなくなります。スエーデンの少女に馬鹿にされます。
jisei
2020年07月06日 15:58


>nibari1498さんコメントありがとうございます。
昔は看取りは家庭が一般的でした、かかりつけ医が枕元で聴診器を胸に当てて、心音が聞こえなくなると、「ご臨終です」で時計を見て「何時何分です」と宣告してくれました。
 いまは病院のベッドで心音計がピッ、ピッ、ピーーーと連続音になったら医者が「ご臨終です」、胸からPHSを出して「何時何分」です。心肺停止から生き返ることがあるのかどうか。
2020年07月07日 17:08
こんにちは♪
>西日本の水害、
地形の問題もあるのか日本は被害が出る。
命だけでも助かってほしい、
>2階まで水没した家を水が引くと泥水の中を片付けに入る、
私も無理。。。
都営住宅に入りたい!
よろしくね!