三猿

 三猿といえば日光東照宮のどこかにある彫刻の、猿が『見ざる、言わず、聞かざる』の格好をした三態が有名である。

 今この3猿をまねしたわけではあるまいがまさに3猿状態なのが菅総理。

 例の日本学術会議のメンバーから6人を外したことについて、学術会議から推薦された105人が記された一覧表は見ていないという、官房長官は99人の表に参考資料として105人の表を添付したという、それでも見ざるで通すつもりか。

 この件でどう見ても本当のことは言わざるで通すつもりのようである。

 ノーベル賞受賞をはじめ各界の有識者が6人を外したのはおかしい、「全員を承認すべきである」の声は聞こえていても聞かざる。

 きょうまたこの件について新しい証言が出た。

 内閣府は105人の名簿をそのまま官邸にあげたという、しかし総理には99名の名簿しか届いていないという、果たして誰がいつ6人を外したか、もし官邸役人が勝手に外したとなるとこれはまた例の、役人による『公文書改竄』ではないか。

 懲りない連中ではある。