認知症

 昨日4月6日はjiseiが17年前、2006年に愚ログを始めた記念日であった。

 始めた動機は65歳でサンデー毎日になっても、大きな声では言えないですが国家資格の名義貸しで月々いくばくかのこづかいをもらえる身であった。

 このままではボケるわいと考え、何か脳に刺激になることを始めなければ考え、当時まだ今でいうSNS的なものもなく新聞に何度か投稿したが採用されることもなく、考え付いたのが世にトレンドであったブログというやつ。

 始めたからには続けなくてはというわけで、よほど事情があるかネタ切れの時を除いて、日曜祭日関係なし、そうそう毎日身の回りに出来事もないというわけで新聞からネタを借りた時事小言になった次第。

 しかし、歳とともに頭はボケる、ボケで悪ければ認知症、もっと正確には認知不全症、書くことの切れ味が悪くなったのは十分認知している。

 しかしこんな愚ログに毎日訪問してくださる方が約300人、わざわざコメントをくださる方もいてありがたい。

そういえば3年間ぐらいまで毎日コメントを入れていてくれた、瀬戸市在住のはぎさん、新宿区在住のあきさん、コメントが来なくなったがどうしたのであろう。

 先が見えそうで見えない人生、先が見えないから生きておられる、これで先が見えて日々カウントダウンではやりきれなかろう。

 パソコンの寿命とjiseiの寿命、どちらが先に来るか、10日以上愚ログが途絶えたらどちらかの寿命が切れたことにしよう。